シューズ選びに重要な情報|安全性が高い子供シューズの選び方や人気のあるもの

正しいサイズがわかれば子供シューズ選びに失敗しない

シューズ選びに重要な情報

親子

足のサイズの上手な測り方

足の軟骨が出来上がっていない状態の頃は、定期的に足の計測が必要になります。目安としては、3歳までだと大体2~3か月に一度の計測、それ以上になると半年に一度の計測が欠かせません。測る時は、長足を元に行いましょう。これは足の指先から先端までを指します。またこの部分は同じ足でも、左右でサイズが異なるため片方ではなくなるべく両方で測ることをおすすめしています。準備するものは真っ白い紙と定規、あれば三角定規も準備してください。紙には予め底辺と平行線を引いておきます。また中央部分に線を引いておくとより正確なサイズを出すことができます。紙に書いたら子供を上に立たせてかかと部分を合わせていきます。この時人差し指は中央の縦線に合わせるようにしましょう。三角定規を足に向かって少しずつずらしていき、足の先に触れた時に用意した鉛筆で印をつけます。このやり方で正しい足のサイズを導き出すことが可能となります。

年齢別で分かれる子供シューズの選び方

歩き始めた一歳ごろは、骨が十分に成長していないので、足の甲をしっかり固定するベルトタイプの子供シューズが無難でしょう。また、足に馴染みやすい柔らかい素材だと軟弱な子供の足にとても良いです。ついでに足首までガードしてくれるものだと安心です。一歳くらいのころはよく転んでしまうため、シューズの先がカーブしているタイプがほとんどです。また、余裕を持たせるために足のサイズより6ミリから10ミリくらいの空きがあると圧迫を防げるでしょう。2~3歳になると、自分でシューズを履いたり脱いだりすることができるため脱ぎやすさを第一に考えて選ぶことも大事ですよ。よく売れるのは、マジックテープ式やゴムバンドタイプです。足の負担を考えるなら、ゴム製が良いですね。ヒールの部分が柔らかいと転倒や走り回った時の衝撃を緩和します。3歳以上になると、靴もだいぶしっかりしたものになります。激しい動きにも対応できる底が曲がりやすい子供シューズは、元気に走り回る男の子に最適でしょう。抗菌作用があるものだと足の蒸れを防げる他、臭いの原因菌をシャットアウトします。