子供が嫌がらない子供シューズは人気が高い

用途を考えて選ぼう

母と子

適したサイズを選ぶ

子供の成長は非常に早いため、小さいサイズですぐに履けなくなるよりも大きめの子供シューズを購入するという親御さんが非常に多いです。しかし、サイズが合わないシューズは歩きづらい上に、転倒の危険性があるのでNGですよ。足より大きいものは発育を阻害する可能性がある他、子供が泣いて嫌がることもあります。子供シューズ選びで最も重要なのは、今快適に使えるものを選んであげることです。子供用品を主に扱う店舗では、シューズコーナーに大体のサイズを案内する看板が設置されているのでぜひ参考にしてみてくださいね。特に幼児の足は思ったほど発育のスピードが早いので、2~3ヵ月を目安にサイズを確認することも忘れないようにしましょう。

シューズ選びで参考にしたいポイント

足のサイズは子供によって大きな差があります。そのため、同じ靴でも履きづらさを感じたり、歩きづらいなどのデメリットが出てきます。上手に選ぶポイントは、つま先の部分を広めに作っているものを選ぶ、そして靴の中で自由に動かせるほどの余裕さがあるかどうかです。この部分に気を付ければ子供の足に負担をかけることはないでしょう。逆に、足の指の自由を奪うようなシューズは、足全体の筋肉に悪影響を及ぼすこともあるため、歩くとすぐ疲れてしまったり転倒しやすくなります。またかかとの部分は、なるべくしっかりしているものだと安心ですね。小さい子供はかかとがまだ発達段階にあるので、シューズ選びを間違えると変形の原因を作ることになりかねません。また、子供がO脚気味なら尚更かかとがしっかりしたシューズがおすすめでしょう。前進するためのけり出しができるシューズは歩行の助けをしますし、足の甲にフィットするシューズは、もっと歩きやすくなります。これらを踏まえて、子供のシューズを選んでいきましょう。

知識をもっと深めよう

親子

シューズ選びに重要な情報

一口に子供シューズと言っても年齢で全く作りが違います。今の年齢で適している子供シューズを見つけるには、正しい情報を頭にインプットすることが大切ですよ。早速見てみましょう。

READ MORE

子供の発育に良い人気のシューズ

no.1

暑い時期にぴったりのシューズ

指の自由を奪わないタイプの子供シューズは、暑い時期にも活用されています。通気性をよくするための穴がいくつか開いているので、素足のままでも履けるでしょう。車や電車の模様が入っているものは男の子、花柄をモチーフにしたシューズは、女の子向けで、ピンクやブルーと人気色を揃えています。また、かかと部分をしっかりガードしてくれるので、元気に走り回る子供にも最適な設計となっています。

no.2

女の子らしさを出すなら花が付いたものを

女の子向けの子供シューズは、可愛らしい柄はもちろん、大きな花のコサージュがついたタイプも大きな人気を呼んでいます。白で統一されているので、どのファッションにも馴染む優れものですよ。こちらも足の指を自由自在に動かすことができますし、かかともしっかりしているため疲労感を与えることはありません。デザインは花以外にもあるので、子供用品を販売する店舗で実際に履いてみましょう。

no.3

元気に走り回るならこのシューズ

子供は元気に走り回るものなので、サンダルではなく一般的な子供シューズを買い求める人も沢山います。中でも人気なのは、スポーツシューズのような造りになったものでしょうか。軽量設計なので、軽々と走ることができますし、足の負担を和らげてくれます。最近のは人気のキャラクターをあしらったものが多く、子供たちのお気に入りになること間違いなしですよ。価格が安いのが多いので売れ行きも非常に良いです。

[PR]

子供シューズを探してるなら注目!
さまざまなデザインのアイテムを掲載中!

子供と一緒に選ぼう

サイズがわかったら実際に店舗へ足を運びましょう。実際に履いてみて、履き心地や歩き心地を知るというのも、子供シューズ選びに失敗しないための大切なポイントになります。